ライフスタイルをシンプルに整える

ライフスタイルをシンプルに整える

ミニマリストに憧れ、シンプルな暮らしを心がけています。ミニマリスト関連の記事や自分の考えなどを雑記。映画や漫画などサブカルチャーの感想や格闘技や日本語ラップの記事も書いています。

好きなアーティストのインタビューやTwitterは見たくない

私は、好きなアーティストとの距離感がいまいち掴めないでいるのかも知れない。

 

例えば、好きなアーティストが何かの作品にタイアップしたときに、インタビューを受けたとする。

 

そして、そのことをネットニュースのタイトルだけで知る。

 

その時点では「おっ、あの作品の主題歌を歌うんだ。どんな感じになるんだろう」とワクワクするのだが、インタビューは見たくないのだ。

 

インタビューを見たら残念な気持ちになるんじゃないかと恐れてる。

 

ワクワクしてる時点で期待が最高潮だから、その後は特に情報を入れ込みたくない心理が背景に存在する。最高からは下がるしかないし。

 

昔からそうで、アーティストの作品を凄く好きなときは、作品以外のアーティスト情報をシャットダウンしようとする癖がある。

 

もちろん、「歌だけ歌っててくれ」というつもりは一切無い。

 

アーティストの育った環境や活動に至るまでの経緯などを掘り下げることは好きだ。

 

それらは事実だから特に色眼鏡を掛けずに見ていられる。

 

でも、インタビューやTwitterなどのような、アーティストの思想や主義が色濃く反映されるものは、作品の見方を変えてしまう恐れがあるのでので覗くのが怖い。

 

思想や主義に共感できれば良いけど、微妙だなーと思ったら、その気持ちが作品の受け取り方にまで影響する。

 

例えば、あのアーティストは政治参画へ積極的という事柄だけを知ることは作品の見方に影響を与えないのだけど、そのアーティストの政治に対する意見や考え方を知ってしまうと、作品の見方が大きく変わってしまう。そんな感じだ。

 

保守的な考え方かも知れない。変化を恐れているわけだし。

 

「アーティストの主義や主張が作品に込められている訳であって、その作品が生まれたバックボーンを無視して作品のみを楽しむことは、アーティストに対して失礼だ!」と考える人もいると思う。

 

その側面もある。作品の楽しみ方やファンとしての在り方なんて人それぞれだけど、やはりアーティストの想いを感じ取ってこそ、アーティストが報われる。

 

私自身もそんな思いを持っているから、「ただ歌っててくれ」とは言えない。だから距離感が掴めないでいる。

 

事実は不変だけど、その事実に対する思想や主義は十人十色で千差万別だ。

 

だから、思想や主義に触れるのは気安くやって良いことじゃない。自らにどんな反応を引き起こすか分からない。

 

その反応こそ人生の醍醐味という人もいるけど、私はとても保守的な人間だからよく考えてからじゃないと、怖くてできない。

 

ついさっき、好きなアーティストがインタビューを受けたニュースが流れてきた。

 

もちろん、そのインタビューは見なかった。