ライフスタイルをシンプルに整える

ライフスタイルをシンプルに整える

ミニマリストに憧れ、シンプルな暮らしを心がけています。ミニマリスト関連の記事や自分の考えなどを雑記。映画や漫画などサブカルチャーの感想や格闘技や日本語ラップの記事も書いています。

脚痩せには大腰筋が重要

大腰筋を使って歩くことで、足が細くなる!?


脚痩せというのは、なかなか難しいですが、歩き方を変えるだけで、足を細くすることが出来ます。


足を細くしたいと願う女性は、たくさんいます。しかし、どうすれば細くなるのか分からない人やとりあえずダイエットをすれば、足も細くなると考えている人も多いかと思います。


残念ながら、ダイエットだけで足を細くすることは出来ません


足を細くするためには、歩き方から変える必要があります。


反対に、歩き方を変えない限りは、いくらダイエットをしても足は細くなりません。


では、どうすれば足を細くすることが出来るのか。


難しい技術や知識は必要ありません。大腰筋を使う歩き方に変えるだけで、足を細くすることができます


大腰筋とは?


大腰筋とは、背骨と太ももの内側の骨を繋いでいる筋肉のことです。


一般的には、インナーマッスルと呼ばれる筋肉であり、インナーマッスルには、姿勢の保持や関節を繋いで安定させる役割があります。


大腰筋は主に、姿勢を正しく保つために使われています。そのため、大腰筋が弱いと、正しい姿勢が保持できず、猫背や変な歩き方を招いてしまいます。


また、大腰筋は太ももを持ち上げる動作にも使われるため、歩く動作や走る動作に、大きく関係しています。大腰筋が弱いと、足が上がりづらくなってしまい、つまづきやすくなってしまいます。


なぜ大腰筋を使って歩くと、足が細くなるのか?


大腰筋を使って歩くことで、インナーマッスルが鍛えられ、下半身の代謝が良くなるため、結果として足が細くなります。


大腰筋は、姿勢の保持に使われています。また、上半身と下半身を繋いでいる筋肉のため、骨盤周りの筋肉の代謝にも大きく関わっています。


大腰筋が衰えてしまうと、上半身と下半身の繋がりが不安定になるため姿勢が悪くなり、骨盤周りの筋肉の代謝が低下してしまいます。そのため、大腰筋を使って歩くことで、大腰筋が鍛えられ、姿勢が改善されます。


また、姿勢が改善されることによって、骨盤周りの筋肉の代謝も促進され、下半身への血流循環が良くなります。


下半身の血流循環が改善されると、老廃物の排出によってむくみが減り、代謝も良くなるため、脂肪の燃焼が促進されます。結果、下半身太りが解消され、足が細くなります。


インナーマッスルは体の奥深くにあるため、なかなか筋肉の動きを感じることが出来ません。意識して使わなければ、すぐに衰えてしまいます。


いくらダイエットをしても、インナーマッスルが衰えている場合は、下半身の代謝やむくみは改善されないため、足が細くなることもありません。大腰筋を使う歩き方に変えるだけで、インナーマッスルが鍛えられ、姿勢が改善されます。


姿勢が良くなれば、骨盤周りの筋肉の代謝がUPし、下半身への血流循環やむくみが改善するため、結果として、足が細くなります。


大腰筋を使った歩き方


大腰筋を使って歩くためには、みぞおちから下を下半身だと思って、歩きます


大腰筋は、背骨から伸びている筋肉であり、具体的には、みぞおちあたりから伸びています。


そのため、大腰筋を使って歩くためには、みぞおちから下を使って歩くイメージが必要です。


大腰筋は、筋肉を縮めるイメージよりも筋肉を伸ばすイメージを持った方が、使われやすいと言われています。


大腰筋を伸ばすイメージの歩き方は、以下の2つを意識すれば大丈夫です。

  • 後ろ足の親指で、地面を推すように足を離していく
  • いつもより1.3倍くらい、歩幅を大きくするイメージを持つ


2つを意識して歩くと、姿勢が良くなり、少し早足になります。また、鏡を見て後ろ足が一直線になっていたら、大腰筋が伸びている証拠です。


歩き方が正しいかどうか気になる時には、鏡を見て、後ろ足が一直線かどうか、確認することをお勧めします。


初めて、大腰筋を使って歩くことを実践すると、意識し始めてからすぐに、お腹に軽い筋肉痛が起こります。


大腰筋が使われている証拠なので、歩き方が改善されているか、目安にしましょう。


実際に歩いてみた感想とまとめ


歩く姿勢が格好良くなりました。また、早足になるため、移動スピードも速くなります。


下半身の代謝が良くなったおかげか、むくむ日が減ったような気がします。


歩くことは日常生活では必須の動作です。日常の歩き方を変えるだけでも、その積み重ねは、塵も積もれば山となるように、どんどん大きくなります。習慣づけてしまえば、努力の感覚が薄れていき、苦にならなくなるので、面倒なのは最初だけです。


大腰筋を使った歩き方を身につけて、足を細くしましょう。