烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

夏目漱石の心を読んで。先生と自分の似ているところ

「こころ」を読んで。

こころという作品を通して、自分を省みてみようと思う。

こころという作品は、学生のころに授業で習ったらしい。

しかし、覚えていなかった。

読んでいたとしても、記憶に残るような印象がなかったのだと思う。

だから、初めて読んだのとほぼ同じ。

友人に、先生という登場人物と、私が似ているといわれたことがある。

すこし気になったので、そのつもりで読んでみた。

確かに、何となく似ているような部分がある気がする。

先生は自尊心は高いが、己惚れるような人ではなく、心優しい人だ。

人の心がわかり過ぎるせいで、お人好しで脆い。

先生と私は似ているところがあるが、そのような性格になったきっかけが違う。

でも、大体同じような性格だと思う。

そのためか、先生の遺書には共感できた。

これは、夏目漱石の心理描写がとても優れているから、口を挟む余地がないことにもよると思う。

先生が人を疑うようになったきっかけは、叔父に裏切られたことだ。

私は人を疑うようなことはあまりないが、人の心を伺うようなところがある。

これは、気分屋で時には暴力を振るった父から身を守るために培ったものだ。

先生は嘘も許せない人だった。

相手を貶めるような嘘は特に。

私も嘘は嫌いだ。

嘘というか、卑しさが許せない。

少しでも損をしたくないと、慎ましさに欠ける必死な姿は、自分は勿論、他人でも見るに堪えない。

先生と私の共通は、許せないことだと思う。

先生は自分を許せなくて自殺した。

耐えられなくなってしまって自殺した。

その過ちと後悔の念に堪えるのが嫌になってしまったのだ。

もしかしたら許すかどうかの話ではなかったのかもしれない。

犯した過ちが許されないのは当然のことで、それを分かった上でまだ生き続ける自分の厚かましさを、許せなくなったのかもしれない。

私も、許せない人間だ。

他人の卑しさも、自分の卑しさも許せなくて、苦しんでいる。

私も先生も、何となく危うさみたいなものがあると思う。

薄いガラスが割れて元に戻らないように、ふらっとそっちに傾いたら取り返しのつかないことになってしまうような。

しかし、弱いという表現は違う。

むしろ、失うもののない強さを備えているように感じなくもない。

そんな自分の性格を全面的に肯定は出来ないが、好きだと思えるところもある。

正直なところは、特に好きだ。

ミニマリストは生真面目な方が多いような気がするから、こころの先生に共感できる人も多いのではないかと思う。