烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

働くことは辛いが、人のためにはなりたい

働くことを苦痛に思う瞬間は、多々ある。

ただその苦痛は、人のために何かをするということから来るものではないように感じる。

困っている人のために何かをしようと思い行動するとき、苦痛よりはむしろ快楽を覚えるものだ。

しかし、働くというのは、辛いときやくるしいときのほうが、快楽の時間よりも多い気がするのだ。

人のために何かをするという要素が少ないからなのかもしれない。

企業が利益を得ようと思ったら、人のためというだけではやっていけないのだろう。

本当に人のためを思うなら、押し売りのような商売はないはずだが、現実では似たような商売ばかりのような気がする。

暑い季節は水を飲みたい人が多くいるだろうから、店頭に水を置こう。これは、動機が人のためだ。

暑い季節は水が良く売れるから、店頭に水を置こう。これは、動機が自分のためだ。

前者のように働けたら、気持ちがいいだろうな。

今の私は、後者に近い働き方をしている。

会社のために働いてる。だから苦しいのだ。

いつか、人のためにという動機の元で仕事をし、生計を立てられるようになりたいと思う。