烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

お気に入りの服を、一番着るべきだ

 

f:id:minimarisuto333:20170601094050j:image

 

 

お気に入りの洋服があるなら、それを毎日着るべきだ。

 

もったいつけずに、毎日、沢山着たほうがいい。

 

例えば、ちょっとした外出とか仕事とかに行くとき、(お気に入りの洋服だし、なんでもない日に着るのはちょっともったいないかな…)と思うことがあるとする。

 

私も、そういうことはよくある。

 

でも、なんでもない日だからこそ、お気に入りの洋服を着るべきだ。

 

お気に入りの洋服を着て、好きな自分を造って、なんでもない日もテンションあげて楽しんでしまえばいい。

 


失敗談というか、よく後悔することがある。

 

私は、ぴっちりとしたボトムスが好きだ。

 

具体的にいうと、スキニーテーパードのシルエットが一番好き。裾がきゅっとなっているのが良い。

 

だから、ストレートジーンズやワイドパンツはあまり好きじゃない。

 

しかし、私は足が太いため、スキニーパンツからの締め付けが強く、なかなかストレスがかかる。

 

特に、夕方になると足がむくんで、ふとももあたりがかなりきつくなってしまう。

 

だから、気合の入っていない外出や仕事では、締め付けの少ない楽なボトムを選ぶことが多い。スラックスのようなパンツや太めのジーパンなどだ。

 

でも、そういう日は大抵、後悔しながら1日を過ごすことになる。駅などの鏡に映る自分を見て、(今日、なんかダサいな…)と思ってしまう。

 

自分に自信も持てず、(やっぱりお気に入りの洋服にすればよかった…)という後悔でいっぱいになってしまい、冴えない1日になる

 

実は、この記事を書いている背景は、まさに今、自分がそんな日にだからだ。

 

お気に入りの服をもったいつけてしまい、あまり好きじゃない服を着て来てしまった。

 

 

お気に入りの服があるなら、それをたくさん着よう。

 

自分のことが好きになれる日をそうやって作ることが、幸せに近づくことだと思う。

 

服は本当にすごい。自分の気分を、簡単に上げてくれる。

 

毎日、洒落てて素敵な人は、きっと自分のことをちゃんと好きでいられてる人だ。

 

 

適当な日なんて、もったいない。

 

 

お気に入りの服を、一番着るべきだ。

 

 

f:id:minimarisuto333:20170601094627j:image