烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

そんなに丁寧なサービス、必要?

f:id:minimarisuto333:20170502183208j:plain

日本のサービスについて

日本のサービスは、海外に比べて高い水準にあるといわれている。例えば、映画でよく見るアメリカのコンビニのシーンでは、従業員は椅子に座っていたり従業員同士でおしゃべりをしていたりする。日本の映画で、コンビニの従業員がそのような様子のシーンは思い浮かばない。従業員は座らない、従業員同士でのおしゃべりは原則禁止、それが日本でのサービス業における常識だからだろう。それは、お客様は神様であり、従業員は完全に下であるという精神が理由だと思う。来ていただいた神様の前で、椅子に座ったりおしゃべりするなど失礼である。そんな精神を、会社は従業員に刷り込む。


確かに、利用者からすればサービスは良いほうがいいに決まっている。サービスのいいほうを利用したいと思うだろう。会社も、サービスにより満足度を向上させ集客を狙っている。サービスを徹底すれば、利用者も会社も良いことづくめだ。しかも、サービスはお金がかからない。だから会社は従業員にサービスを徹底する。


しかし、従業員の負担はどうなるのだろうか。サービスはお金が発生しない。サービスのいい従業員が多く給料をもらえるのだろうか。サービスに特化した職業でなければ、サービスに給与は払われないだろう。お金をもらえないのに、会社から強要されれば、もちろん従業員の不満は溜まり、負担が増える。従業員の負担を考えれば、サービスの水準は高くなくていいと思う。


日本のサービスの水準がSランクだとしたら、Bランクくらいまで下げていいのではないか。そもそも、利用者は高水準のサービスを求めているのだろうか。たいていの利用者は、目的のものを買うことが出来ればそれでいいと思っていると思う。不快な気持ちにさえさせられなければ、機会があれば次も利用する。(あまりにも無愛想だったり失礼な態度は困る)別におしゃべりしてても良いし、座っていても良い。お会計さえしてくれれば。


たまにいるクレーマーのために、高い水準を維持しようとしているから、従業員が疲弊するし、さらにクレーマーが増える。100人の利用者中、常識はずれな人は5人くらいだとすると、その5人のために普通の利用者95人分、高い水準のサービスを提供させられる。


ミニマリズムに絡めると、サービス次第で購入するか否かが揺れるようなら、おそらくそれは必要のないものだ。必要な物のために利用しているわけで、正直サービスなんて気にしていない。むしろ、丁寧にサービスされると面倒くさい。必要だったりやってほしいことがあれば、利用者から言えばいい。「お箸はお付けしますか?」このセリフ、本当に要らないと思う。このセリフがあるから、「さっき箸使うか聞かれなかった」と言い出す利用者が現れる。箸が欲しかったら自分から言え!そう思ってしまう。


丁寧なサービスを否定したいわけではない。大げさに利用者を持ち上げることを否定している。利用者も従業員も、互いに同じくらい尊重し合うのがベストではないか。今の日本は、明らかに利用者のほうが尊重されていると思う。