ライフスタイルをシンプルに整える

ライフスタイルをシンプルに整える

ミニマリストに憧れ、シンプルな暮らしを心がけています。ミニマリスト関連の記事や自分の考えなどを雑記。映画や漫画などサブカルチャーの感想や格闘技や日本語ラップの記事も書いています。

ミニマリストが1年間で1500kmランニングして分かったこと

f:id:minimarisuto333:20160707095050j:plain

ランニングからの学び


今回の記事では、私がランニングを通して気が付いたことを書いていきたいと思います。


私は、ランニングが好きです。去年は、総距離で1500km走りました。ひと月あたり、120kmを目安にしていました。記録方法なのですが、ランタスティックというアプリのプロ版を使って距離や消費カロリーなどを計測しています。今も、月間100kmを目安にランニングを継続しています。

走り始めた動機


もともとは、恋人に振られたショックから立ち直るために、「痩せてかっこよくなってやる!」と奮起したことが始まりでした(笑)だから、ランニングはダイエットのための手段の一つでした。かっこよくなるという目標のための手段


また、ダイエット以外に、体を動かして気持ちを落ち着かせようという思いもありました。不安定になっていたので、家の中でじっとしていると嫌なことばかり思いついてしまうし、体を動かせばよく眠れたからです。


そうしてランニングを重ねていくうちに、ランニングは手段から変化しました。走ることそのものが楽しくなってきて、ランニングそのものが目的に変わったんです。走るために走るようになってから、どんどん距離が伸びていき、去年は1500kmも走ることが出来ました。

ランニングを通して


ここから、本題に入ります。ランニングを通して私が何に気が付いたのか。ランニングは心にどんな変化をもたらしたのか。「痩せてかっこよくなる」という目的は果たせたのか(笑)3つに分けて書いていきたいと思います。

走るだけでは痩せない

ランニングだけでは痩せません。これは確実です。まず、痩せる仕組みについて。単純な仕組みを言えば、食べた以上にエネルギーを使えば、痩せていきます。カロリーという単位を用いて考えれば、摂取カロリー<消費カロリーがダイエットの基本になります。

では、ランニングがどれくらいのカロリーを使うのか。大まかにいえば、体重kg×走った距離kmで求めることが出来ます。60kgの人が5km走った場合、消費カロリーは300kcalになります。この消費カロリー。国民食、食パンでいうとどれくらいのカロリーになるのか。6枚切りの食パンで、2枚分がちょうど300kcalです。たったの2枚で、ランニング5km分のエネルギーを持っているのです。逆に言えば、食パン2枚を我慢することと5km走ることは、カロリーの収支という点では同じなんです。だったら走るより我慢したほうが手っ取り早いし、お金も時間もかからないので、いいと思います。しかも私は、運動したあと、おなかが空いてしまって、走った分以上に食べてしまっていました。おかげで、月に120km走っても全然痩せませんでした(笑)

走れば痩せる、と安直に考えず、痩せる仕組みについて学んでから、走りだすとダイエットはうまくいくかと思います。


走ると意欲がわいてくる

次はメンタル的な部分ですね。何故なのかはわからないのですが、ランニングをするとやる気がわいてくるんです。

何に対してのやる気なのかは人それぞれ、状況もそれぞれだと思います。私は、走っている最中に考え事をしているのですが、走っている最中だとポジティブに考えることが出来ていたように思います。また、走り終わったあとも充実感が溢れ、スポーツ漫画の主人公にでもなったかのような気分になります(笑)

個人的な考えでは、血流が回り脳の血流も流れていくことで、溜まっていた疲れや悩み?が循環するからなのかなと思っています。

ランニングは6.5kmが丁度良い

ランニングの技術的な部分というか、走り方について。私は、走ることにハマってから、隙あらばランニングをしていました。

一回で14km走ったり、朝10km夕方8kmのように、走りたいように走っていました。ある月で、予定である120kmのペースを無視して200kmペースで走ってしまいました。1日も休みを設けず毎日7km走るペースです。月末、私はけがをしました。十分なケアをしていたつもりでしたが、走るペースに追い付かず、限界が来てしまったのです。

マラソンランナーを目指しているわけでもないのに過剰に走り続けたため、このような事態になったのだと思います。目指す場所が健康やダイエットということであれば、ランニングは6.5km程度に抑えるのがいいと思います。それ以上走ると、次の日のランニングに悪影響が及ぼされます。

なんでもそうですが、やりすぎは禁物です。「ちょっと物足りないかなあ」くらいのほうが、次回へのやる気にも繋がります。私の実体験では、6.5kmが1番丁度良かったです。



以上3つが、1年間で1500km走って分かったことです。今も、ランニングからはいろんなことを学んでいます。出来る限り、走り続けていきたいですね。かっこよくなるという目標は達成できました。