烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

サンクコスト効果で【さらにミニマルに】

f:id:minimarisuto333:20160619115428j:plain


今回の記事では、サンクコスト効果というものについて書いていきたいと思います。


サンクコスト効果というのは、既に消費してしまった費用や労働、時間のことを考えてしまい、次の行動やその後の意思決定に心理的影響が生まれるということです。具体例として、映画を観に行ったときの場面が想定されます。ある映画のチケットを2000円で購入したとします。上映開始15分で、この映画は明らかに面白くないと分かりました。残りの上映時間は1時間半もあります。そういった場面に遭遇した時、「2000円も払ったし出るのはもったいないよなあ」と考えてしまうことを、サンクコスト効果といいます。2000円はもう既に消費されています。戻ってきません。だから、観るのをやめて退場しても、映画を観続けても、2000円を消費したことは変わりません。面白くないのであれば、15分で映画を観るのをやめて退場すべきなのです。1時間半を無駄に浪費してしまっていることになるので。


簡単にいうと、もったいない心理ですね。「今までこんなにお金を使ったのに無駄になるのか~」のような感じで。


サンクコストというのは、もう戻ってこない費用なので、考えるだけ無駄であるともいえます。映画の具体例も、全体的なコストで見れば退場すべきでした。

映画を途中退場した場合→2000円消費

映画を観続けた場合→2000円消費+1時間半浪費

コストという視点のみから考えれば、上記のようになります。2000円の消費のみで済むほうを選択すべきでした。


サンクコストというのは、無視をするべきなのですね。なぜなら戻ってこないから。ブログ記事でもサンクコストはあります。例えば「たくさん書いたけど、よく見たらコンセプトからずれてる。書き直すの嫌だなあ」という場面。いいブログを書くというのが目標であれば書き直すべきです。しかし、かかった手間を捨てきれず、書き直すという判断に踏み切れない。よくあります(笑)


サンクコスト効果にはまってしまうと、ミニマリストにはなれません。二度と使うことのないであろう物を、もったいない心理でとっておくというのがサンクコスト効果です。まさにミニマリストとは逆の発想です。だから、反対にサンクコスト効果を意識することでさらにミニマルになれるということでもあります。


サンクコスト効果を意識することで、判断能力を確立することができます。例えば、日常のこんな場面。「以前買った1万円のTシャツ。好みと合わなくなってしまい、着なくなった。おそらくこれからも着ない。しかし1万円もしたので、捨てることができない」1万円のサンクコストに振り回されています。もう着ないのであれば、そのTシャツには価値がありません。価値のないモノを手元に置いておく場合、無駄な手間が発生しますが、サンクコスト効果により、1万円を捨てるかのような錯覚を起こしてしまう。捨てても捨てなくても1万円は帰ってこないのです。このTシャツがサンクコストであることに気が付くことができれば、これからの自分にとって本当に必要かどうかを見極めることができます。この場面でいえば、Tシャツを捨てることができます。


私は大学の授業でサンクコスト効果について学習しました。ミニマリストに応用できる考え方だなあと思いました。私自身、サンクコストを意識することで断捨離することができた経験があります。モノの管理をするときには必ずサンクコストがついて回ると思います。これからも、サンクコスト効果について意識して、いい判断を下せるよう生活をしていきたいですね。