烏龍茶

ライフスタイルをシンプルに整える

シンプルな生き方を模索し、目の前の幸せを大切にしていきたい。そんな私の願望をブログにしました。ミニマリストを参考にしています。

【電子書籍】が素晴らしい 食わず嫌いはやめて一度は試すべし

f:id:minimarisuto333:20160614164509p:plain

 今回の記事では、電子書籍について書いていきたいと思います。

 今まで私は、本を読むなら紙媒体しかありえないと思っていました。文明が発達し、自分でもiphone6という最新機器を利用していましたが、電子書籍はなんか違うという思いから、電子書籍を敬遠していました。紙の質感を指で感じながら、ページをめくることが読書であると。
 
しかし、ミニマリストについて調べていくうちに、電子書籍に何となく興味が沸いてきました。ミニマリスト電子書籍肯定派の方が多いように思います。そんな数多くのミニマリストのブログからの説得を受けて?私も電子書籍を試してみることにしました。
 
私は楽天ユーザーなので、試すことにしたのは楽天koboという電子書籍アプリです。楽天koboについて、少し説明をしたいと思います。楽天koboは、あくまで電子書籍を読むためのアプリなので、楽天koboのアプリ内では電子書籍の購入はできません。私は、楽天ブックスから電子書籍のコーナーへと飛んで、そこで購入しています。購入したものは楽天koboのアプリ内にダウンロードされるという仕組みになっています
 
 現在の私の本棚はこのようになっています。

f:id:minimarisuto333:20160614163640j:plain

 スクリーンショットだと、あまり冊数が表せないのですが、ほとんどが小説ですね。娯楽として楽しめる本が好きなので、ビジネス書などはあまり読みません。そして、見ていただいたとおり、私は複数の電子書籍を購入しています。はい、ハマっております。今のところ、紙の媒体に戻るつもりはありません。電子書籍を敬遠していた私が、何故ハマってしまったのか、電子書籍の魅力とは何なのか、説明していきたいと思います。
 
電子書籍の魅力とは、大きく分けて3つです。

1つ 部屋のスペースを取らない
2つ どこでも読める
3つ 読みたいと思ったときに買える

 1つ1つ解説していきたいと思います。まず、「部屋のスペースを取らない」言葉の通りです。紙の媒体は本棚がなければ管理できません。そして、本棚とはスペースを取るものです。本を並べる手間もあります。その点、電子書籍では一切スペースをとりませんし、本を並べる手間もありません。私は本棚を整理できない人でしたので、ありがたかったですね。

2つ目。「どこでも読める」私はここが最大の利点であると感じています。どこでも読めるんです。自室でも、電車でも、会社でも。さらに言えば、読みたい本を読むことが出来ます。本棚を持ち歩いているのと同じなので、今自分が読みたい本を、読むことが出来ます。iphoneを起動して3秒足らずで本棚へアクセス出来ます。だから、ちょっとした合間に読むことだってできます。しかも、紙の媒体と違って暗がりでも読めるのです。寝る前のちょっとした読書タイムにぴったり。そのまま寝落ちできます。読んだ本を棚に戻し、部屋の電気を消すという作業がなくなります。

最後に、「読みたいと思ったときに買える」例えば紙の本を、旅行の移動時間に読むために持って行ったとします。読み終えてしまったら、暇になりますよね。読み終えるのを見越して、複数の本を持って行ったら、荷物が重くなります。その点、電子書籍では、電車のなかでもいつでも本が買えます。「今暇だな、何か本を読みたい」そう思ったときに買うことが出来るのです。本屋に行く必要もありません。思い立った瞬間のわがままを叶えてくれるというのは、大変な魅力だと思います。

以上が、私の感じた電子書籍の魅力です。本当に便利だと思います。これからも、紙の媒体を買うことはないでしょう。少なくとも、家に紙の媒体を保存するようなことはないと思います。もちろん、デメリットもあるのですが、私は気にならないので記事にはかきません。(笑)

電子書籍に対して、何となくという気持ちだけで敬遠している方は、ぜひ一度試してみてください。何となく敬遠されている人は、これからハマるという可能性を秘めています