ライフスタイルをシンプルに整える

ライフスタイルをシンプルに整える

ミニマリストに憧れ、シンプルな暮らしを心がけています。ミニマリスト関連の記事や自分の考えなどを雑記。映画や漫画などサブカルチャーの感想や格闘技や日本語ラップの記事も書いています。

ミニマリストと恋愛


今回の記事では、ミニマリストと恋愛について、

私の「主観」から書いていこうと思います。(私の主観なので、話半分に聞いてほしいです(笑))



http://es.testsworld.net/files/2013/03/test-chico-ideal.jpg




ミニマリストって、恋愛するの?」


そう思う方、いませんか?


そうですよね、モノをなるべく持たない暮らしを心掛けている人って、客観的にみると「シンプルすぎてつまらなそう。というか恋愛に興味がなさそう」と思いますよね。


ネットにあげられているミニマリストの部屋の写真とかをみてみると、「これじゃ暮らせないだろ!絶対自分だったら無理!」と思う方がほとんどだと思います。


結論からいうと、


ミニマリストは恋愛には向いていない!


けども、フィーリングが合えば最高のパートナーになれる!


というのが、私の考えです。

ミニマリストが恋愛に向いていない2つの理由


ミニマリストが恋愛に向いていない理由を2つ挙げたいと思います。

1つ「ミニマリズムと人を愛する気持ちは調整が難しい」


ミニマリズムを持ち、シンプルライフを心掛けている人は、同じようなミニマリズムの持ち主に恋をするのか。


そんなことはありません。


自分がなりたい理想像と、好きになる人は関係ありません。


自分がミニマリストじゃなかったら、自分がミニマリストだったら、そんなことを考えて人を好きになるのでしょうか?


私は、「恋はフィーリング」「ラブストーリーは突然に」そう考えています。


だから、ミニマリストだって、普通に恋をすると思います。


そこで、弊害が生まれてしまいます。


「物を減らしてシンプルに暮らしたいけど、好きな人にそれは強制できないし、、、。でも、相手に合わせていたら物が増えてしまって自分にストレスがかかるしなあ。好きなんだけど、どうしたらいいんだろう、、、」


このようになると思います。


ミニマリストという言葉が浸透しつつある今でも、やはりミニマリストは少数派です。

多くの方から理解を得られるほど、市民権を得ていません。


なぜ、なかなか浸透しないか、それは、ミニマリズムの影響は生活の根底にまで及ぶ可能性が高く、密着度が濃いため、「許容できるゾーンをこえてしまうから」であると、思います。


恋愛でも同じです。


ミニマリズムはライフスタイルそのものなので、理解できない人は理解できないし、ミニマリストもライフスタイルを曲げることはしたくないので、ぶつかってしまう可能性が高いです。


家族からすれば個人の趣味の域を超えていますからね、、、。


そんなわけで、必ず葛藤が生まれてしまうので、ミニマリストは恋愛に向いていないというのが、1つ目の理由です。

2つ「単純に部屋が恋愛向きじゃない」です


1つ目と重なるのですが、ミニマリストの部屋は恋愛に向いていません。


なぜなら、ソファやテーブルといった、「大きくて一人じゃ使わないもの」は、真っ先に削除の対象になるからです。


しかし、それらは家に人を呼ぶ時や彼氏彼女がいる場合は、合ったほうがいいものです。


「気になっている人の部屋に招いてもらってみたら、なんもねえ、、、。」


確実にそうなります。


ミニマリストでもない限り、「わあすごい!こんな部屋に住んでみたい!」とはならないでしょう(笑)


以上の2つの理由から、私はミニマリストは恋愛に向いていないと判断しました。


おそらく、そんなことないという反論やうまくやっているよという方もいらっしゃるかと思います。


ぜひ、そういった方は声を聴かせてください!


意見を交わすことは大好きなので、遠慮なくいってくださると、うれしいです。

ミニマリストがフィーリング次第で最高のパートナーになれる理由


では、最後に、

「フィーリングが合えば最高のパートナーになれる!」

と書いた理由について、書きたいと思います。


これは、ほぼ文字通りの意味であって、そこまで説明をいらないと思います。


どんなことでもそうですが、フィーリングが合えば最高のパートナーになれます。


では、なぜわざわざ書いたのか。


それは、先ほども書いたように、ミニマリストのライフスタイルは密着度が高いため、その分フィーリングも濃くなるからです。


例えると、好きな食べ物が合うというフィーリングに比べ、ライフスタイルが合致するというフィーリングは、密度が違います。


ミニマリズムの考え方はなかなか理解を得られませんが、理解してくれた場合のフィーリングは、それはもうばっちりだと思います。



うまく言葉にできませんでしたが、ミニマリストと恋愛について、自分なりに考えを展開させて頂きました。


「いろんな方いると思うけど、自分的には、恋愛に向いてないと思うなー。理解されたらばっちりなんだろうけど」

というのが、結論です。



ちなみにですが、過去、気になる人にミニマリストについて聞いてみたら、


「むり」


といわれました。